女性の水虫の原因はブーツの中

水虫といえば働き盛りの男性がなるものという、イメージが定着しています。
ですが最近、女性の水虫患者数が急増しているのです。
その原因は、「ブーツ」にあると言われています。
冬のファッションに欠かせなくなったブーツですが、なぜ水虫を引き起こす要因となってしまうのでしょう?
そもそも、水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で起こる皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚の角質層という部分に感染し繁殖します。
白癬菌はケラチンという皮膚の成分をエサとしているので、角質層は繁殖する場所としてピッタリなのです。
ケラチンを溶かしてエサとする為に、白癬菌はケラチナーゼという酵素を出します。この時に強い痒みを感じるのです。
ブーツの中は蒸れやすく湿度が上がっています。
実は白癬菌は高温多湿の場所を好む性質があるので、ブーツの中は繁殖しやすい環境となっているのです。
ですので、ブーツをよく履くという女性は、白癬菌に感染しやすくなっています。
白癬菌が感染すると強い痒みを感じる他に、皮膚がジュクジュクとただれたようになる、赤い水疱ができる、足の臭いがきつくなるといった症状が現れます。
人にうつしてしまう皮膚感染症ですので、病院に行くのが恥ずかしいという女性も多いようです。
しかし、1度白癬菌に感染してしまうと、いくら清潔に保っていても水虫を改善する事はできません。
また、他人に感染させてしまうリスクも高まるので、はやり早めに治療する事がお勧めです。
今は女性の患者数が増えているので、多くの女性が病院で水虫治療を受けています。
恥ずかしがらずに、まずは病院を受診する事から初めてみましょう。
治療は白癬菌を退治できる、抗真菌薬を含んだ塗り薬の処方が一般的です。

働く女性の水虫の悩み

水虫はカビの一種の白癬菌が感染して、痒みや皮むけなど皮膚の様々な症状が出る容器です。
白癬菌は高温多湿や皮膚の角質を好むので、感染者から剥がれた皮膚やバスマットからも感染することがあります。
昔は水虫は蒸れやすい革靴を履いた男性の病気でした。
しかし近年では働く女性が増え、ハイヒールを履く機会が多くなりました。
ハイヒールは先が細くなって、靴の中で足の指同士が密着しており、さらにストッキングでより蒸れているので女性の方が水虫になるリスクが高いです。
靴を1日8時間以上履く人や家族に水虫になった人がいれば、注意が必要です。
梅雨時期から8月までの湿度が高い季節に白癬菌は繁殖します。
ほとんどの水虫は皮膚科に行って薬をもらえば治すことができます。
皮膚科では菌を顕微鏡で検査して、本当に白癬菌を確かめてから薬を処方するので、水虫に似た症状を持つ他の皮膚疾患と区別が付きます。
より早く治すためには。毎日足を洗うことが大切です。
ゴシゴシ洗うと角質が剥がれやすくなり、エサが増えるので殺菌効果を持つボディソープで丁寧に洗います。
靴の中を蒸れにくくするのに、フットスプレーを使うと湿気を吸収するので、多湿を防ぐことができます。
薬の多くは1日に1回塗布するだけですが、痒みが治まった途端に使用を止める人がいます。
見た目には綺麗になっても、実際は多くの白癬菌が生存しています。
医師が指示するまでは薬を塗り続けます。薬は症状が出ている周囲にも有効です。
白癬菌は菌糸を伸ばしながら広がるので、治療中でも感染が広がる可能性があります。
足の指の間にできた時も、足の裏全体に塗ります。
厚く塗らなくても良いですが、患部から菌が広がらないよう外側から患部に向けて塗ります。

女性のための水虫予防ケア方法

水虫と言えば男性がなるものだというイメージが強いですが、実は女性でも悩んでいる人は多くいます。
現在では女性でも多くの人が会社で働いています。
そのため8時間以上きついパンプスを履いて歩き回っていたり、冬場になるとおしゃれとしてブーツを履いている人を多く見かけます。
また、女性ならば、パンプスを履くときには当たり前にストッキングやタイツを履きます。
これらの状況が、女性にも多くの水虫患者を生んでいる原因となっているのです。
水虫は、じめじめしていて温度の高い場所が大好きです。
朝、自宅を出るときにパンプスを履いて、家に帰るまで一度も脱がないという人も多くいるでしょう。
そのため、女性の靴の中はストッキングやタイツを履いた上で靴を履いたまま長時間過ごすため、水虫の原因菌である白癬菌が繁殖しやすいじめじめして暖かいという環境が揃っているのです。
そのため、女性の70%が水虫に悩んでいるというデータもあるのです。
予防方法としては、仕事の休憩時間に靴を脱ぎ、足先を冷やして空気を通すようにしたり、パンツスーツを履いてストッキングを履かないようにして、通気性の良い靴下を履くなどの方法があります。
また、白癬菌が足に着いたとしても感染するまでには24時間かかると言われているため、入浴時に足を綺麗に洗うようにしたり、帰宅したらすぐに通気性の良い靴下に履き替える、一度水虫に感染していた人の場合では、感染していた時に履いていた靴やストッキングを履かないようにするというような対策法を行うようにしましょう。
万が一感染してしまった場合には、恥ずかしがらずに病院で治療を行うようにしましょう。
放っておくと症状が進行して、爪ががたがたになってしまったりすることもあり得ます。